小顔矯正で満足のいく仕上がり|美容のプロも驚き

婦人

タイプに合わせた施術

顔を触る女性

顔が大きいなどで悩んでいる場合、自身のケアだけではなかなか悩みを解消することが出来ないものです。また、間違ったケアをしているとどんなに頑張っても改善することが出来ないので、長年悩み続けてしまうことになるでしょう。そのため小顔になりたい場合、まずは自分のタイプを把握しておくことが大切です。タイプには様々なものがありますが、まず一番多いものが脂肪タイプになります。脂肪タイプの場合は顔のエクササイズやリンパの流れを良くする、食事を変えることでも効果を実感することが出来るのですが、常に生活習慣に気を付けなくてはなりません。ちょっとでも気を抜いてしまうと小顔になることが出来なくなってしまうのですが、手っ取り早い方法に美容整形外科の小顔矯正があります。脂肪タイプで行なわれる小顔矯正は脂肪溶解注射があり、気になる部位に注射を打つだけで脂肪細胞を減らすことができ、自然と小顔になることが可能です。また、脂肪溶解注射以外にも脂肪吸引があり、これはメスを使用する方法になります。脂肪吸引は傷跡が目立ちそうと不安になる人もいますが、耳の部分を切開するので傷跡が目立ちにくい他にも万一傷跡が少し大きくなってしまっても髪で隠すことが出来るでしょう。そのため、特に傷跡を目立たせることなく小顔になることが可能です。その他にも様々な悩みに利用することが出来るヒアルロン酸注射も小顔矯正に使用されており、ヒアルロン酸は自然と体内に吸収されていくので害はありません。しかし、吸収されるということは月日が経つに連れて効果も薄れていってしまうので、小顔矯正を年に1回など気になってきたら定期的に受けることが大切です。

筋肉タイプの場合は咬筋が発達していることが原因となっており、咬筋を収縮させることで小顔になることが出来ます。筋肉タイプで行なわれている小顔矯正はボトックス注射があり、ボトックスには筋肉を収縮させる効果があります。ヒアルロン酸注射と同様に注射器を用いて行なわれる施術になっているので、傷跡の心配は必要ありません。効果はおよそ半年と言われていますが、何度か受けることによって持続効果が長くなっていくので定期的に受けると良いでしょう。また、年齢を重ねることで肌がたるんでいき、たるみが原因で顔が大きく見られてしまうことがあります。たるみタイプであれば、フェザーリフトの施術を受けることで小顔にすることが可能です。フェザーリフトでは肌を引き上げる方法になっており、引き上げるものに使われているものは特殊な糸になります。糸を皮膚の中に埋め込んでリフトアップをすることが出来るので、外からではほとんど見えず自然な仕上がりにすることが可能です。また、糸は溶けていくのでしばらくすると効果が失われていくのですが、即効性があるので一刻も早く小顔になりたい際に最適だといえるでしょう。

小顔になりたいと悩んでいる人の中には骨格タイプの人もおり、骨格タイプの場合もヒアルロン酸注射で解消することが出来ます。また、利用する美容整形外科によっては顎の部分にプロテーゼを挿入するという方法を取っているところもあるのでどういった施術が受けられるのか事前に確認しておくと良いでしょう。顔が大きく見られてしまう人には複合タイプもあり、それぞれの要因が混合している場合があります。その場合、合わない小顔矯正を受けても改善されないことがあるので注意しなければなりません。複合タイプでは一つの施術では効果が現れないこともあるので、美容整形外科でカウンセリングを受けて医師に確認してもらうと良いでしょう。人によって顔が大きく見られる原因には様々なタイプがあるので、自己判断するのではなく美容のプロに確認をしてもらうことが大切です。適した判断をしてくれますし、効果が現れる小顔矯正の施術を提案してもらうことが出来ます。美容整形外科で治療することにより素早く効果を期待することが出来るため、悩んでいる人は早めに足を運んでみましょう。